横浜開港記念日に「象の鼻パーク」が公園としてオープン

6月2日22時2分配信 ヨコハマ経済新聞

 横浜開港150周年に合わせて整備していた横浜港発祥の地「象の鼻パーク」のオープニング式典が6月2日に行われた。

 式典では、横浜市歌が斉唱され、中田宏横浜市長が「『象の鼻パーク』は150年前に開港した、横浜発祥の地ともいえる場所。これからはぜひ、未来を担う子どもたちにパークの名前の由来と意味を伝えていってほしい」と語った。

 オープンを記念して、NPO法人横浜シティガイド協会による「象の鼻パークガイドツアー」や、フォークデュオ「N.U.」や横浜市消防音楽隊によるステージイベントなどが行われた。

 「象の鼻」オープンと同時に、敷地内に設けられた施設「象の鼻テラス」では、横浜の創造的文化の原点である港と街の歴史に焦点をあてた「みなとの歴史展」、黒船が立体的に浮かび上がるトリックアートや日比野克彦アートプロデューサーによる灯台アートが展示される。

 関連イベントとして、同パークの開港の丘ステージで、アーティスト・キャロル山崎さんらが出演するトワイライトコンサート(6月3日~5日)、サンバや中国獅子舞など国際色豊かなステージイベント(6月6日、7日)、米海軍・第7艦隊音楽隊などによる日本大通りから象の鼻パークにかけたパレード(6月6日)が開催される。

 「象の鼻地区」は、大さん橋国際客船ターミナルのつけねからのびる防波堤の周辺地区で、みなとみらい21地区から山下公園を結ぶ水際線と日本大通りや大さん橋との接点となるエリア。面積は約4ヘクタール。防波堤を上から見ると象の鼻に似ていることから名付けられた。

 敷地内には、展示機能を備えた多目的レストハウス「象の鼻テラス」、野外ステージを併設した解放的な「開港の丘」、日本大通りから港を見渡せる「開港波止場」、横浜港が目の前に広がるビューポイント「象の鼻防波堤」、昼はモニュメント、夜は夜景を演出する「スクリーンパネル」を設置。工事中に発見された明治時代の貨物線の軌道を変えるターンテーブルの遺構や開港初期の石積み防波堤の跡などを見ることができる。

 同パークは「横浜の歴史と未来をつなぐ象徴的な空間~時の港~」という理念のもと整備された。設計者選定は、横浜開港150周年記念事業で「チャンスあふれるまち」元気な横浜を創造する人材育成に向けた取り組みとして、開港100周年(1959年)以降に生まれた若手建築家とし、横浜市在住の小泉雅生さんが選ばれた。小泉さんは「象の鼻地区」の計画にあたり、「みなと横浜の原点」を可視化する大きな風景をイメージし、FRPグレーチング製のパネルを並べた大きな光のサークルにしたという。

1件のコメント

  1. ピンバック: 横浜ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA